私たちのvision

最先端の
バイオマスで
日本の森林を変えたい。

日本はこれまでチップ、ペレットといった加工を伴う木質バイオマスの活用を進めてきました。しかし、加工を必要とすることで採算が合わず、なかなか 浸透してこなかったのが現状です。 そこで私たちは、丸太そのものを燃焼させる技術を生み出すことで、含水率を気にすることなく燃料として活用し、ローコストを実現できました。

丸太燃料ボイラー

技術特許取得の独自技術により、加工無しで丸太をそのまま燃料として活用することができるようになりました。国内資源である丸太を燃料とすることで、原油価格・為替の影響を抑えられ、安価に蒸気を供給することができます。

チップ燃料ボイラー

原料価格が安定しやすい性質を持っている建築廃材を燃料として利用することで、常に低価格での燃料調達が可能となりました。発生させた熱は、温水や蒸気として使うことができ、高いエネルギー効率を実現しています。

NEWS新着情報

製品などの最新情報・イベント情報・工場見学会にいたるまで、日々更新しております。